今回、骨格と髪型についてお話させていただきます。

骨格の違いは、その髪型が似合うか似合わないかの一番重要なポイントになります。
特にショートスタイルなどは骨格の違いがダイレクトに影響してきます!!

 

☆頭の形について☆
・ハチが張っている(日本人に多く、頭が角張って四角く見えてしまう骨格)

※ハチとは!??➩正面から見た時に、頭頂部と耳との間で一番横に出て見える部分のことです。


ウェイト(ヘアスタイルの中で重さを感じる部分)をハチより上か下にずらし、ボリュームが出る位置を変え、トップが潰れて見えないように調整しカットします☆

     ハチがはる     絶壁が気になる

頭の形

 

・絶壁が気になる(こちらも日本人に多い。後頭部に丸みがなく、平らになっている骨格)
ショートスタイルはつむじ周りが割れやすく、ロングスタイルは重さで潰れやすいです。
丸みを出したい部分の内側の毛を短くカットすることで、表面の毛を持ち上げる力が働き、頭の形が丸く見えます。

 

 

☆顎のラインについて☆
特にショートスタイルでは、顎ラインがシャープな人は鋭いカットラインが似合い、
顎ラインがあまりはっきりとはしていない人はなるべく床に平行な鈍角なラインが似合います。

 顎ラインが鈍角     顎ラインが鋭角

顎のライン

 

 

今回のブログは頭の形と顎のラインについてでした(*’ω’*)!!
カットは本当に奥が深いなと思います!!私もお客様に喜んで頂けるように、これからも一生懸命取り組んでいきたいと思います!!
今後も似合わせカットについてもっと詳しくご紹介させて頂きたいと思いますのでよろしくお願い致します。

 

ONGG 糸賀 文音